machikopedia

machikoの学びや知識をまとめていくブログです

【動画編集】初心者がAdobe Premiere Proで動画編集始めるまでを全部まとめました【環境整備】

ここでは私が動画編集を始めるにあたって調べたこと、必要だった情報を一挙にまとめて公開したいと思います。

実際に1本の動画をYoutubeにアップするまでに検討したことや行ったことをまとめていきますので、これから始める方の参考になれば幸いです!

 

 

編集ソフトを選ぶ

編集を始めるにあたり、必要なのがソフト。

一番最初はMacに付属しているiMovieという無料ソフトを使用しました。

でも無料なだけあって、できること・やれることに様々な制限があり、こうしたいのに!と思ってもできないことがありました。

 

そのため、長い目で見て有料ソフトを使うことに。

 

私が比較検討したのは

AdobeのPremiere Pro

AppleのFinal Cut Pro

の2つです。

 

ちなみにどちらも無料体験ができるので、まずはお試し利用をするのがおすすめ

 

それぞれトライアルはここからできます(各公式サイトへ遷移します)。

Premiere Proのトライアルはこちら

Final Cut Proのトライアルはこちら 

Premiere Proのお試し期間は7日と短めなので、時間に余裕があるときに始める方が良いです。

 

AdobeのPremiere Proに決めたポイント

①現在の動画編集界で最もよく使われている

②できることがとにかく多い(拡張性の高さ)

③他のAdobeソフトとの親和性

④実際に使ってみての使用感

 

特に①が私には重要でした。

・誰かに聞ける

・調べれば情報が出てくる

こうしたデジタル技術モノにおいては、とにかくググって解決!が一番。

そして使用者が多ければ多いほど、書籍なども出やすいです。

 

もしも動画編集を仕事にしたい、という考えの場合はPremiere Pro一択かなと。

有名Youtuberも現在多くがPremiere Proを利用しているようです。

 

Adobe Premier Proの購入方法

このソフトを使うにあたっていくつかの方法があります。

 

①コンプリートプランを利用する

Creative CloudというAdobeが展開している制作系のソフトをクラウド版で利用する形態があります。

クラウド版というのは買い切りではなくて、月額課金のサブスクリプションモデル。

常にソフトを最新の状態に保つことができます。

 

Adobeが提供している様々なソフトを全て使えるというのがコンプリートプランです。

価格は、年間プランで月々払いだと5,680円/月(税別)

一括払いも選択できます。

 

Adobeはウェブ制作から印刷系まであらゆる制作ソフトを開発しているので、制作を仕事にしている場合は、コンプリートプランを利用している人が多数かと。

(私も会社ではコンプリートプランのライセンスを使用してます)

 

 

②単体プランを利用する

単体プランは言葉の通り、Creative Cloudの中から使いたいソフトだけを契約する形態です。

 

私は今回はPremier Proの単体プランを契約しました。

価格は、年間プランで月々払いだと2,480円/月(税別)

こちらももちろん一括払いも可能。

少しお得に購入する方法について後述します。

 

注意点はPremiere Proと並行して演出作成などに使用するAfter Effectsというソフトについて。

単体プランで契約する場合、Premiere ProにAfter Effectsはついてきません。

より高度な編集をしたい!様々な演出を作り込みたい!という場合は、やはりコンプリートプランを検討する必要が出てくるでしょう。

 

私はAfter Effectsもお試ししてみて、一旦これは後回しにしよう、と判断したのでもう少し慣れてから検討したいと思っています。

ちなみにPremiere Proも動作負荷がかかる重めのソフトですが、体感としてAfter Effectはそれ以上な気がしてます。スペック的に問題ないかも含めて、ぜひお試ししてからの購入をおすすめしたいです。

 

お得な購入方法

購入するにあたって抑えておきたいポイントは3つあります。

①セールを待つ

②学生・教職員プランが利用できないか確認する

③必要な機能を確認してElements版を検討する

 

まず①についてですが、Adobeは年に数回セールを実施しています。

私もセールを利用して年間プランを契約したため、月額は1,848円(税込)になりました。

およそ30%オフです。

待てる方はお試し利用をしつつセールを待つのがおすすめ。

 

②のAdobeの学生・教職員プランについてですが、対象になる皆さんはこのプランでの利用がマスト!

通常5,680円/月(税別)のコンプリートプランが、1,980円/月になり、実に65%オフです。

 

ただし学生・教職員プランは、イラレとフォトショしか単体プランがないため、残念ながらPremiere Proだけを契約することはできません。

 

すべての価格はここから確認できます。

 

③については、昔からPhotoshopなどで存在しているのですが、すべての機能は使えないけれどある程度の作業はできるバージョンを「Elements」版として販売しています。

これの最大のメリットは、買い切りなので初回費用だけで追加がかからないところ。

 

ある程度手軽に編集したい、凝った編集は考えてない、編集する頻度が少ない、という場合はElementsでも十分かと思います。

 

Youtubeなどに動画をアップする場合、サムネイルの加工などもするので、Photoshop Elementsとセットになったものを購入するのもありですね。

Photoshopは普通に写真の加工にも大活躍するので、個人的には最も生活に密着したソフトだと思っています!

(あ、でもその前にPDFがあるか・・・)

 

使い方を学ぶ

まだまだ勉強中なので進行中ですが、私の手順を書いていきます。

①編集ソフトについてるチュートリアルをやる 

②Adobeの公式サイトで学ぶ

③ググって調べる

④動画で学ぶ

⑤本で学ぶ

 

①ですが、これはまず動作ソフトのお試し期間に真っ先にやりました。

チュートリアルをこなすことで、ソフトの使用感も確認できます。

そういえばこのチュートリアルの充実度もPremiere Pro>Final Cut Proだったこともソフト選定のポイントでしたね〜!

 

②については、チュートリアルをこなした後の課題として、実際に自分の編集したい動画を作りながら学びました。

見るだけだと結局いざやる時に「なんだったっけ?」ってなりがち。

やりながらだと時間はかかりますが、身につく度合いは格段に違うと思います。

なので手を動かしながらやるのはおすすめ!

このシリーズはStep0から3まであります。

Premiere ProことはじめStep0:とりあえずやってみよう!3分でできる動画編集 |

 

③は他と並行して随時、という感じでやりたいことや気になることをキーワードに何回もググってます。

例えば「シーケンスの設定」とか「書き出しの設定」とか文字情報だと時短で見られるのがいいですね。

 

④もおすすめ。ソフトの名前で調べるとYoutubeにたくさんあります。

そして1つ動画を見れば、あとはYoutubeが勝手にどんどんおすすめしてくれるので、色々見て自分にあった教え方をしてくれる動画を見つけると良いと思います。

 

何人かの方の学習動画を見てみて、今のところ「かふたろうさん」がわかりやすいかなと思ってます。参考までに。

www.youtube.com

 

本についてはこちらがおすすめ。

本についてもベースが何もない状態で読むよりは、ソフトを若干触ってから、学んでいくというのが良いと思います。

 

この本は公式サイト上でサポートコンテンツとして、フォローアップ動画などもアップされているのもポイントです。

 

BGMや効果音を付ける

動画編集を始めてみて、改めて感じるのがBGMってすごく重要!!

音を付けただけで急に印象が変わるくらい、動画の雰囲気を左右します。

①無料サイトで使いたい音源を探す

②Youtubeのライブラリから音源を探す

 

 

編集する動画がごくごく身内だけで見るものであれば特に気にしなくても大丈夫かと思いますが、もしYoutubeなどにアップしたいと考えているのであれば権利について注意が必要です。

無料サイトを使う場合にはそのサイトの使用ポリシーを必ず確認してください。

 

探すとDOVA-SYMDROMEさんにまず行き着くと思います。

多くのYoutuberが使用している音源がたくさん配布されています。

しかもクオリティが高い!楽しくてすごい時間使っちゃいました。

dova-s.jp

 

尚、サイト全体のポリシーに加えて、作成者が独自に取り決めているものがある場合もあるので、そちらも必ず目を通しておきましょう。

 

またYoutubeライブラリも多数の音源があって便利です。

Youtube自体が配布しているという安心感もあります。

 

明るい曲、しっとりした曲、いくつか好みのものを予めダウンロードして、素材として保存しています。

 

もっとこだわって動画編集する

ここから先はどの程度こだわりたいかにもよりますが、

①好みのフォントを見つける

②画像素材を使う

というのも楽しいです。

  

特にフォントはBGMと並んで大きく印象を変える部分でもあるので、好みのフォントを追加しておくことでより楽しく動画編集ができるようになるかなと思います!

探し方はいろいろありますが、今のところはAdobe Fontsから追加してます。

Adobe FontsはAdobeのCreative Cloudを契約していると無料で使えるサービスです。

 

サイト上で好みのフォントを見つけたら、アクティベートするだけでソフト上で使えるようになるのもすごく便利。

 

また画像素材についてはいらすとやさんが超有名ですね。

Youtuberの動画でも多数見かけます。

 

私、いらすとやさんって冗談じゃなく、多くのサラリーマンの救世主だと思っているんです。

アイコン的な画像素材が必要になることってよくあるんですけど、それが完全無料で抱負にクオリティも統一されていて存在するって、本当に神サイト!!

 

他のサイトだと以下のあたりが有名ですし、豊富に素材が揃っていておすすめです。

イラストAC

イラスト素材【PIXTA】

Pixtaは有料メインですが無料素材の配布もあります。

 

まとめ(&出来上がった最初の動画)

以上のような手順を踏んで、やっと1本動画をアップできました。

BGMと場面転換を合わせたり、レガシータイトルを使ってテロップを入れたり、というのが主な編集点です。

技術的にはまだまだですが、むしろこれで勇気を持っていただければ!


【ひとり旅】ある冬の日の函館の旅行

 

今まではごく限られた人しかできなかった編集技術ですが、デジタルツールの普及によって、そしてソフトの進化によって動画編集のニーズはこれからもっと増えると思います。

仲間内用に編集するのも良いですし、仕事で使うことを考えて学ぶのもありだと思います。

 

かなり長くなったので、細かい設定の話などについては別の記事でアップしたいと思います。